最新情報

2011年10月30日新卒
第二新卒と就職
2011年10月25日新卒
新卒者の就職
2011年10月24日新卒
新卒の採用が少ない理由
2011年10月20日新卒
新卒の採用について
2011年10月19日就活
転職を考える時の準備

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

第二新卒と就職

第二新卒という単語は、就職に関わる用語として登場するようになりました。現時点では大学生で、来春卒業予定の人を新卒者といいます一方、卒業はしているものの、正社員として就職したことがない人のことを新卒と区別して第二新卒といいます。第二新卒には、アルバイトやパートで働きながら、正社員になるための就職活動をしている人もいます。派遣社員として仕事をすることを選んだという人もいます。会社は普通、新卒者の新規雇用を目的として、そのための採用試験や就職説明会を開いています。

近年では、新卒者と共に第二新卒も就職説明会の参加資格があるものとしている会社もあります。第二新卒者扱いの場合、年齢制限を設けているケースも少なくないようです。第二新卒として行っていた就職活動がずっとうまくいかない場合は、第二新卒の基準から外れる場合もあります。どこまでを第二新卒者として扱うかは会社の考え方によって大幅に違うので、あらかじめ調べておくことが大事です。新卒者の場合、在学中の大学を利用することで就職活動に関する必要な情報を手に入りやすい環境にいます。第二新卒には大学の支援がありませんので、就職活動の情報収集は自力で行わなくてはなりません。

タグ

2011年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:新卒

新卒者の就職

毎年、新卒者が就職活動を行っています。アメリカでリーマンショックが起きてから、経済情勢は悪化しています。就職氷河期という言葉がかつてありましたが、現在の新卒者はそういった状況です。会社とは継続して一定数の社員を必要としているので、新卒者を採用して不足分を補っています。このところ、景気の他にも色々な理由があって、新卒者を雇用せず社員数を絞っている会社が少なくありません。国外に拠点を移動させる会社や、正社員以外の雇用の形を活用する会社が増えています。企業は人件費削減による費用の削減を行っていることも少なくありません。大企業ほど、製造の現場を海外にして人件費の少ない海外の人を雇おうとしているというところも少なくありません。

不景気だけでなく、幾つかの理由が合わさって新卒者の就職を困難にしていることから、この状況からの脱却は難しいという学者も大勢いるのです。今年学校を卒業し、初めて就職する新卒者の中には、100社受けても就職先が決まらない人もいます。結局新卒者としては就職ができず、大学に残る道を選んだり、派遣やフリーターになるという人もいます。再就職先を探す人にとっても、新卒者と同じように就職先が見つからず失業期間が長くならざるをえなくなっています。雇用について国の対策が必要な現状なのです。

タグ

2011年10月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:新卒

新卒の採用が少ない理由

近年、新卒者の採用は困難になっており、就職率の低下が問題になっています。就職活動が難しい背景には不況が続いていることがあるといいますが、その他にも考えられることがあります。正社員として定年まで雇用する形から、派遣やパートへ比重が変わっています。雇用形態が、近年大幅に変化した事も新卒者の採用が減った理由の一つにあげられます。かつては、製造現場の担い手に関しても新卒者を採用する企業は数多く存在しました。正社員を雇う代わりに、より低賃金の派遣雇用で働いてもらうことで製造コストを下げる企業が増加したことが、正社員を減らしています。より人件費の低い海外に製造工場を作る企業が増加したことで、正社員の新たな雇用が伸び悩んでいるともいいます。

企業は利益を出すために、とにかく人件費が掛からない様、コスト削減に努めています。新卒者を採用しても即戦力にならず、掛かった人件費分だけの仕事をするようになるまで時間がかかります。このような事情で、新卒者が採用されづらくなっています。コンピューターや最先端機器が入ることで、職人的技術への依存度が減り、少人数で仕事ができることも関係しています。次々と定年で退職する人がいる一方、新卒採用が一向に増加しないのは、作業内容の効率化により正社員が少なくても仕事が回せるようになっているからのようです。

タグ

2011年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:新卒

このページの先頭へ